妊娠6ヶ月(20〜23週)赤ちゃんの様子〜体重管理とシミ・ソバカス〜


この記事は 158 で読めます。



こんにちは!
当サイト管理人のつるです^^

今回の記事では、
妊娠6ヶ月(20週〜23週)の赤ちゃんの様子
紹介していこうと思います。

resize 450x300 妊娠6ヶ月(20〜23週)赤ちゃんの様子〜体重管理とシミ・ソバカス〜

ほとんどの妊婦さんが胎動を感じ、
赤ちゃんの成長を実感できる時期。

そして、この時期は妊娠中で
最も体重が増えやすいと言われています。

太りすぎて皮下脂肪がついてしまうと、
出産に悪影響を及ぼすので要注意。


【スポンサードリンク】

【安心安全な水を赤ちゃんに】
>>【特集】オススメウォーターサーバー

icon icon 妊娠6ヶ月(20〜23週)赤ちゃんの様子〜体重管理とシミ・ソバカス〜

妊娠6ヶ月(20〜23週)赤ちゃんの様子

身長は約30cm、体重は350gから
500g程度まで成長します。

お母さんの羊水の量も増えてくるので、
今まで以上に活発に動きまわります。

赤ちゃんの顔立ちはハッキリとしてきて、
眉毛やまつげが生えそろい、
まぶたも開いてきます。

お母さんの体の様子

お腹の膨らみがハッキリと見て取れ、
胎動も感じ取れるようになります。

大きくなった子宮が
心臓や肺を圧迫してしまうので、
動悸や息切れが起こりやすくなります。

異常を感じたらあまり無理はせず、
座ったりして休みましょう。

また、お腹が大きくなっていくに連れて、
腰や背中の痛みが出やすい時期でもあります。

子宮による圧迫、血行不良の対策としては、
半身浴が効果的です。

いつもよりぬるめのお湯(38℃くらい)に
20分〜30分くらい浸かるとベスト。

お母さんに送るアドバイス

体重管理を徹底しよう

冒頭でも紹介したように、
この時期が妊娠中で最も体重が増えやすい
と言われています。

赤ちゃんが成長していくに連れて、
お母さんの体重も増えていくのは
至極当然のことなのですが・・・

kg(キロ)単位で増えていくと、
それは単純に太っている可能性が高いです。

皮下脂肪がついて産道が狭くなると、
出産時の負担も大きくなってしまいます。

食事のバランスを意識することはもちろん、
食べ過ぎと間食には特に注意が必要です。

シミ・ソバカスができやすい

ホルモンの影響で色素細胞が刺激され、
シミやソバカスができやすかったり、
妊娠前よりも濃くなることがあります、

ビタミンが豊富な野菜・果物を摂取し、
外出の際は紫外線対策
欠かさず行うことをオススメします。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

スポンサードリンク

【特集】育児・子育ての合間に在宅ワーク

【安心・安全な水を子供に】ウォーターサーバー特集

コメントを残す