妊娠9ヶ月(32〜35週)赤ちゃんの様子〜胸やけ、胃もたれなどに注意〜


この記事は 223 で読めます。



どうも、こんにちは!
当サイト管理人のつるです^^

今回の記事では、
妊娠9ヶ月(32〜35週)赤ちゃんの様子
〜胸やけ、胃もたれなどに注意〜
という内容をお届けしていきます。

eyes0342 450x299 妊娠9ヶ月(32〜35週)赤ちゃんの様子〜胸やけ、胃もたれなどに注意〜

お腹がだいぶ大きくなってきて、
それに伴い不快な症状が起きることも。

胸やけや胃もたれ、動悸、息切れなど、
このような症状が出たら、
横になって休んでもいいでしょう。

妊娠9ヶ月(32〜35週)赤ちゃんの様子

身長は約45cm、
体重は2000g前後にまで成長。

この頃になると皮下脂肪も増えて、
体つきがふっくらしてきます。

皮膚も肌色になり張りが出て、
肺の機能もほとんど完成します。

また、外からの刺激に対して、
快・不快の反応を示す動きも。


【スポンサードリンク】

【安心安全な水を赤ちゃんに】
>>【特集】オススメウォーターサーバー

icon icon 妊娠9ヶ月(32〜35週)赤ちゃんの様子〜胸やけ、胃もたれなどに注意〜

お母さんの体の様子

子宮底がみぞおち辺りまで上がるので、
胸やけや胃もたれなどの不快感が強まり、
食事も一度にたくさん食べられなくなります。

さらに、胃や心臓、肺などが圧迫され、
動悸や息切れなども生じます。

日常生活を送るのも大変になりますが、
この試練を越えてこそ、
本当のお母さんになれるというもの。

1日に何度か不規則なお腹の張り
感じるようになってくるのですが、
安静にしていれば治まることが多いです。

が、
張りが治まらず痛みが強くなるようなら、
切迫早産の可能性もあるので、
すぐに受診しましょう。

妊婦さんに送るアドバイス

里帰りはゆとりと付き添いを

里帰りをして出産する場合は、
34週頃には実家に戻りたいところ。

ですが、地域によっては
産婦人科医が不足していて
里帰り出産」が受け入れられない
という状況にることもあります。

もし、里帰り出産を希望するのであれば、
早い段階で産婦人科に確認をしておきましょう。

また、里帰りをする場合は、
万が一のことに備えて、
誰かに付き添ってもらうように。

akatyan 妊娠9ヶ月(32〜35週)赤ちゃんの様子〜胸やけ、胃もたれなどに注意〜

急激な体重増加に注意

妊娠後期に入るとお腹も体も重く、
横になって過ごす時間が多くなりがち。

このような生活が続けば、
否が応でも太ってしまいますよね。

なので、体調がいい時は
家事やウォーキングを積極的に行い、
体重を増やさないように意識しましょう。

お産本番に備えて

お産が近づいてくると、
楽しみという気持ちだけでなく、
心配だという気持ちも出てきます。

少しでもお産を楽にするため、
呼吸法を練習しておくといいでしょう。

陣痛をやわらげる、
ムダな体力の消耗を防ぐ、
赤ちゃんに酸素を送るなど
メリットがとても多いです。

時間がある時でOKなので、
意識して練習しておくといいでしょう。
>>お産を和らげる呼吸法

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

スポンサードリンク

【特集】育児・子育ての合間に在宅ワーク

【安心・安全な水を子供に】ウォーターサーバー特集

コメントを残す