子供(赤ちゃん)の急病や怪我!救急車の呼び方や緊急受診のイロハ!


この記事は 428 で読めます。



こんにちは!
当サイト管理人のつるです^^

今回は、子供(赤ちゃん)が急病や怪我をしてしまい、
どうしても自分で病院へ連れて行くことが出来ない・・・
という時の対処法を紹介させていただこうと思います。

20050127210630 子供(赤ちゃん)の急病や怪我!救急車の呼び方や緊急受診のイロハ!

以前の記事で「こんな症状が見られたら病院へ」
という10個の項目を紹介させていただいたのですが。
子供(赤ちゃん)の様子がいつもと違う!こんな症状の時は病院へ!

子供(赤ちゃん)の体調が急変したりした時って
いつもは冷静でも、パニックになってしまうもの。

そんな時の運転は事故の元にもなるので、
救急車を呼ぶというのも一つの手段です。


【スポンサードリンク】

【安心安全な水を赤ちゃんに】
>>【特集】オススメウォーターサーバー

icon icon 子供(赤ちゃん)の急病や怪我!救急車の呼び方や緊急受診のイロハ!

救急車の呼び方

救急車を呼ぶ時は携帯電話やスマートフォンではなく、
固定電話がベストです。

というのも、携帯電話などの場合は
地元の消防本部ではなく別の地域を管轄している
消防本部に繋がることがあるからです。

もし、別の管轄にかかった場合は、
転送される間、電話を切らずに待ちます。

【救急車を呼ぶ手順】

  1. 「119」にかける
  2. 「火事ですか?救急ですか?」
    と尋ねられるので「救急」と答える。
  3. 次の内容を聞かれるのでしっかり答える
    ・住所(救急車に来てもらいたい場所)
    ・症状や状態
    (病気や怪我の状態、意識の有無、出血の有無、
    いつから症状が悪化・変化しなたのか、
    いつどこで怪我をしたのか)
    ・子供(赤ちゃん)の月齢・年齢
    ・電話をかけた人の名前と連絡のつく電話番号
    ・来てもらいたい場所の目印となるもの
  4. 救急車の到着を待つ
    ・到着までにやっておくことがあるかを尋ねる
    ・2人以上大人がいる場合、サイレンの音が聞こえたら
    1人は救急車の誘導、もう1人は病院に行く荷物の準備をする。
    【病院に持っていく荷物】
    ・健康保険証
    ・母子健康手帳
    ・乳幼児医療証
    ・お薬手帳
    ・お金
    ・紙おむつ
    ・授乳セット
    ・着替え
    ・タオル
    ・携帯電話

入院することになったら

万が一、子供(赤ちゃん)が入院することになったら、
もしかしたら自分のことを責めてしまうかもしれません。

もっと早く気付いてあげればよかった・・・

ですが、自分自身を責めたところで何も始まらないので、
子供(赤ちゃん)のためにもいち早く気持ちを切り替え
早く退院出来るようにサポートを尽くしましょう。

入院することが決まったら、
病棟の担当者からも説明があるはずですが、
以下のことを確認しておきましょう。

【医師・担当者に確認しておく8つの項目】

  1. 病名
  2. 通院ではなく入院が必要な理由
  3. 入院で行う治療や検査の確認。
    (手術することになれば、麻酔や手術での
    体への負担やリスク)
  4. 入院で必要になる持ち物・道具
  5. 付き添いは出来るのか
    (出来るとしたら何時から何時までか)
  6. 授乳が必要な子供(赤ちゃん)には授乳出来るのか
  7. 入院にかかる費用
  8. 入院に必要な書類に関して、わからないことは
    都度都度質問する

緊急受診に関して

子供(赤ちゃん)の具合が悪くなったから病院へ行きたい、
けれども休日や夜だからかかりつけのの病院はやっていない。

そんな時は休日や夜間でも診療や相談を行っている
医療機関を前もって確認しておきましょう。

自治体の広報や地区町村のホームページに
医療機関の一覧が掲載されています。

また、休日や夜間でも医療機関に行くべきか、
翌日まで待つべきか迷った時は
#8000:小児救急電話相談」に
電話をかけて相談しましょう。

病気で緊急受診する目安

【発熱・けいれん】
  • 生後3ヶ月未満での発熱・けいれん
  • ぐったりしていたり、意識がおかしい
  • 呼吸が荒く、苦しそう
  • 熱が高く、水分が口から取れない
  • 初めてけいれんをおこした
  • けいれんが10分以上続く
  • けいれんが治まった後も、
    ぐったりしていたり、意識がおかしい
【せき】
  • せきがひどく、呼吸が浅く速い
  • 呼吸が苦しそう
  • チアノーゼを起こしている
  • のどになにか詰まったような激しい咳き込み
【嘔吐・下痢】
  • 機嫌が悪く、尿があまり出ない
  • 大量の血便が出る
  • 嘔吐を繰り返し、激しく吐く
  • 頭を打った後に吐く

怪我(事故)で緊急受診する目安

【誤飲・誤えん】
  • 顔色が悪くなり、咳き込んでいる
  • 泣いて痛がっている
  • 毒性の強いものを飲んでしまった
【切った、刺さったなど】
  • 出血が止まらない、傷が深い
  • 意識がない
  • 呼吸困難、呼吸していない
  • 箸や歯ブラシがのどに刺さった
【転んだ、落ちた】
  • けいれんを起こしたり吐いたりする
  • 意識がない、ボーっとしている様子
  • 耳や鼻から透明の液体が出ている
最後に

IMG 5183 500x350 450x315 子供(赤ちゃん)の急病や怪我!救急車の呼び方や緊急受診のイロハ!

子供(赤ちゃん)が病気や怪我をすると
なかなか冷静になれないものですよね・・・。

そんな時は救急車を呼ぶのはもちろんですし、
友人・知人に協力を求めるのも一つの手段です。

1人よりも2人、3人に協力してもらった方が
スムーズに病院まで行けるというケースもありますので。

 

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

スポンサードリンク

【特集】育児・子育ての合間に在宅ワーク

【安心・安全な水を子供に】ウォーターサーバー特集

コメントを残す