子供に熱があるのに手足が冷たい!解熱剤を使ってもいいの?


この記事は 325 で読めます。



こんにちは!
当サイト管理人のつるです^^

今回の記事のテーマは、
子供に熱があるのに手足が冷たいのはなぜ?
解熱剤ってこの時使ってもいいの?

a0001 017101 450x300 子供に熱があるのに手足が冷たい!解熱剤を使ってもいいの?

熱が出ているにも関わらず、
なぜか手足が冷たいとなると、
非常に不安になってしまうと思います。

その原因をある程度把握しておけば、
パニックにならずに冷静に対応できるはずです。


【スポンサードリンク】

【安心安全な水を赤ちゃんに】
>>【特集】オススメウォーターサーバー

icon icon 子供に熱があるのに手足が冷たい!解熱剤を使ってもいいの?

子供に熱があるのに手足が冷たい!

あなたも経験があると思いますが、
風邪を引いた時に寒気を感じる
ということがありますよね。

厚着をしても寒い、
布団をかぶっても寒い・・・。

で、寒気を感じてしばらくすると、
38℃後半〜の高熱が出ている。

子供の場合もこれと同様で、
寒気があったり手足が冷たい時は、
これからまだ熱が上がるぞ!
というサインを出しているんですね。

熱が上がりきると手足も暖かくなり、
寒気を感じることもなくなります。

この時のメカニズムに関して、
「山口こどもクリニック」では、
このように説明されています。

【以下、引用】

熱が高くなってくる時、こどもの体では何が起こっているのでしょうか。
細菌やウイルスなどの病原体が体に入ってくると、体はそれに反応して体温が高くなるように脳内の体温調節がリセットされます。この「リセットされる」がポイントです。たとえば体温調節が39℃にリセットされるということは、「平熱が39℃になる」ことで、その時の体温が37℃であれば、その2℃の温度差で体は寒気を感じます。また、体温を上げるためには体の中から熱を作り出さないといけないので、ブルブルとふるえて、筋肉を小刻みに運動させて熱を産生します。また、熱が逃げていかないように、皮膚の血管を細くするので、手足が冷たく、色が悪くなることもあります。このように、産生された熱を逃がさないようにして、体温は上がっていきます。そして、いったん高い体温(リセットされた体温)に達すると、それ以上は体温を上げる必要がなくなるため、皮膚の血管を拡げて、皮膚から熱を逃がすようにします。この時、手足は温かく、色も良くなります。

【引用、ここまで】

解熱剤って使ってもいいの?

157 450x2981 子供に熱があるのに手足が冷たい!解熱剤を使ってもいいの?

解熱剤は熱を下げるための薬であって、
病気を根本的に治す薬ではありません。

つまり、発熱による体のツラさ
軽くしてあげるための薬だということです。

子供の場合は38.5℃以上の熱があって、
ダルそうにしている、ぐずって眠れないなど、
ツラそうにしている場合は使ってもOK。

もし、38℃以上の熱があっても、
いつも通り元気にしていたり、
食欲もあるという場合は、
解熱剤は使わずに様子を見ましょう。

 

では、手足が冷たい場合はどうなのかというと、
この状態の時に解熱剤を使うのはNG。

先ほども紹介したように、
手足が冷たいということは、
まだ熱が上がるということ。

この時に解熱剤を使ってしまうと、
必要以上に体温を下げてしまうので、
かえって症状を悪化させかねません。

手足が冷たい場合は温め過ぎない程度に、
布団や毛布をかけてあげて、
熱が上がりきるのを待ちましょう。

解熱剤の使い方には注意を

熱で苦しそうな顔をしてると、
すぐにでも楽にしてあげたいという一心で、
解熱剤を使おう〜と考えるかもしれません。

が、あまり解熱剤に頼ってしまうと、
病気を引き起こすウイルスなどに対する
抵抗ができにくくなってしまいます。

すると、抵抗力が弱くなってしまうので、
症状が悪化し、熱が長引くことに。

このことを知らずに解熱剤を使うと、
熱がいつまでも下がらないから、
何か重い病気にかかっているのでは?
と勘違いをしてしまいかねません。

熱が下がらないとか、
解熱剤を使うタイミングに迷うという場合は、
1人で悩まずに医師に相談して、
指示に従うようにしましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

スポンサードリンク

【特集】育児・子育ての合間に在宅ワーク

【安心・安全な水を子供に】ウォーターサーバー特集

コメントを残す