子供(赤ちゃん)の鼻水・鼻づまりに効果的な3つの解消法!


この記事は 244 で読めます。



こんにちは!
当サイト管理人のつるです^^

今回の記事では、
子ども(赤ちゃん)を苦しめる症状の一つ、
鼻水・鼻詰まりの解消法を見ていきます。

a0fb1057f89f304fdd3c75dbc0a874cc s 450x300 子供(赤ちゃん)の鼻水・鼻づまりに効果的な3つの解消法!

たかが鼻水、されど鼻水、
放っておくと中耳炎などの
合併症を引き起こすので
油断は禁物です。
子供(赤ちゃん)の鼻水の原因は?症状がヒドいと中耳炎にも!

事前知識として上記記事を読んだら、
今回の本題である解消法を見ていきましょう。


【スポンサードリンク】

【安心安全な水を赤ちゃんに】
>>【特集】オススメウォーターサーバー

icon icon 子供(赤ちゃん)の鼻水・鼻づまりに効果的な3つの解消法!

鼻水・鼻づまりに効果的な3つの解消法!

今回紹介する3つの解消法以外にも、
この方法は効果がありますよ!
というものがあるかもしれません。

そんな時はコメント欄に書いて頂けると、
僕としても非常に嬉しいです^^

鼻水吸引器を使う

耳鼻科に行くと鼻水を吸引してくれますが、
それを自宅で簡単に行えるアイテムが
こちらの「鼻水吸引器」です。

手動で行うもの(ポンプ式・チューブ式)、
自動(電動)で行うものがありますが、
衛生面を考慮したら電動の方がオススメ。

鼻水の中には細菌・ウイルスが
含まれていることも多いですからね。

万が一、感染してしまうかもしれない
というリスクを軽減させるためにも、
電動式の鼻水吸引器を使う方がいいでしょう。

 

 

蒸しタオルで温めて上げる

鼻詰まりがヒドい時に効果的なのが、
蒸しタオルで温めてあげることです。

レンジなどを使って暖めなくても、
お湯で絞るだけでOKです。

2〜3分程度、鼻の上に置いておくと、
鼻が通りやすくなります。

ただし、タオルが冷たくなってきたら、
すぐにお湯で絞るようにしましょう。

というのも、鼻を冷やしてしまうと、
かえって鼻詰まりを悪化してしまうからです。

また、この方法と併せて行って頂きたいのが、
部屋の湿度を保つ(加湿する)ことです。

177711889 600x400 450x300 子供(赤ちゃん)の鼻水・鼻づまりに効果的な3つの解消法!

お風呂など、暖かく湿度が高い空間に行くと、
鼻詰まりの症状が軽くなる
という経験をしたことがあります。

部屋の空気が乾燥していると、
鼻詰まりが悪化してしまうので、
加湿器を使ったり、洗濯物を干すなどして、
湿度を保つ工夫をしましょう。

ガーゼで鼻の下を拭いてあげる

鼻詰まりの改善からは逸れるのですが、
ティッシュで何度も鼻水を拭くと、
鼻の下の肌が荒れてしまいます。

これを防ぐためには、
お湯に浸したガーゼで
軽く叩くようにして拭くことです。

また、拭いた後に赤ちゃん用の
保湿クリームを塗るのもオススメ。

この時、間違っても
大人用の保湿クリームは使わないで下さい。

赤ちゃんの肌は非常にデリケートなので、
大人用のものだと刺激が強すぎるからです。

最後に

さて、いかがだったでしょうか?

今回紹介した方法以外にも、
これは簡単でオススメです!
という方法があったら、
ぜひぜひ教えて頂きたいと思います^^

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

スポンサードリンク

【特集】育児・子育ての合間に在宅ワーク

【安心・安全な水を子供に】ウォーターサーバー特集

コメントを残す