1歳健診 費用と内容!いつまでに受けるべき?その必要性など!


この記事は 212 で読めます。



こんにちは!
当サイト管理人のつるです^^

生後12ヶ月、つまり1歳を迎えると、
コミュニケーション能力も発達してきます。

01888607801 450x299 1歳健診 費用と内容!いつまでに受けるべき?その必要性など!

まだ言葉を話すことは出来なくても、
ママやパパの言うことを多少理解して、
動作のマネもするようになります。

この時期に受けられる「1歳健診」、
公的な健診ではないため、
受けるかどうかは自由ですが・・・

育児や成長について心配な部分があれば、
受けることをおすすめいたします(_)


【スポンサードリンク】

【安心安全な水を赤ちゃんに】
>>【特集】オススメウォーターサーバー

icon icon 1歳健診 費用と内容!いつまでに受けるべき?その必要性など!

1歳健診の費用と内容

先ほども記載したように、
1歳健診は公的な健診ではない自治体が多く、
数千円程度の費用が発生します。

自治体や受ける病院によりけりですが、
3000円程度〜5000円程度で受けることが出来ます。

また、1歳健診の内容例は次の通り。

  • 身長・体重・頭囲・胸囲
  • つかまり立ちの様子
  • 伝い歩きの様子
  • 立っち・あんよの様子
  • 手指の発達の様子
  • 筋緊張
  • 斜視・視覚
  • 聴覚
  • 言葉の理解度
  • 歯の生え方・生え具合

健診の活用方法

DSC 3767 450x297 1歳健診 費用と内容!いつまでに受けるべき?その必要性など!

【立っちの様子】
伝い歩きや1人で立たせて、
床への足の裏の付け方や足の運び方、
上半身でのバランスの取り方を見ます。

この頃の子どもの発育・発達には
大きな個人差があり、
1人で立つことが出来ない子も多いです。

1人で立つことが出来なくても
発育状況は確認出来るので、
ムリに立たせなくても大丈夫です。

【手指の発達】
指先はますます器用になり、
小さなおもちゃをつまめるようになります。

また、おもちゃに興味を示している様子や、
自分から手に取って
一人遊びをしている様子を見て、
心の発達状態をチェックします。

【言葉の理解度】
ママやパパがバイバイと手を振るとマネしたり、
ちょうだいと手を出すとおもちゃを渡してくれたり、
簡単なやり取りが出来るようになります。

【離乳食の進み具合を相談】
1歳過ぎの離乳食は大人のものより
少しやわらかめのものを奥の歯茎で
しっかり噛んで食べる時期です。

離乳食の形状がドロドロ状のままだったり、
回数が1日3回にならないなど
上手く進んでいない時は相談しましょう。

【事故予防のアドバイス】
今まで以上に行動範囲が広がるものの、
どこが危険なのか?何をするとダメなのか?
ということはまだ理解出来ない時期です。

歩くことが出来てもよく転ぶので、
そのための対処法などを相談しておきましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

スポンサードリンク

【特集】育児・子育ての合間に在宅ワーク

【安心・安全な水を子供に】ウォーターサーバー特集

コメントを残す