赤ちゃん 痰が絡んでも出せないで息苦しそう!効果的な対策は?


この記事は 233 で読めます。



こんにちは!
当サイト管理人のつるです^^

赤ちゃんの育児で悩むポイントの代表例として
痰:たん」が挙げられると思います。

baby1 450x298 赤ちゃん 痰が絡んでも出せないで息苦しそう!効果的な対策は?

我々大人でさえ痰が絡むと不快ですが、
ちょっと息苦しいと思ったら
自力で痰を吐き出すことは出来ますよね。

ですが、赤ちゃんの場合はなかなか上手く吐き出せず、
イライラしてぐずってしまうということがよくあります。

痰が絡んで息苦しそうにしている赤ちゃん、
上手く解消させる方法であったり、
痰を絡みにくくする効果的な対策はあるのでしょうか?


【スポンサードリンク】

【安心安全な水を赤ちゃんに】
>>【特集】オススメウォーターサーバー

icon icon 赤ちゃん 痰が絡んでも出せないで息苦しそう!効果的な対策は?

赤ちゃんの痰が絡む理由

今すぐに痰の絡みを解消させてあげたい!
という場合はこの部分を飛ばして頂いて結構です。

が、痰が発生してしまう理由を把握しておくと、
対策も講じやすくなると思われます。

赤ちゃんでも子供でも発生する痰ですが、
至って健康な子でも痰が出るのが普通。

痰と聞くとちょっと汚い印象があるかもしれませんが、
これは肺や気管支といった呼吸器系で作られる
粘液のことを指しています。

このネバネバした成分でホコリなどを絡めとって、
それを体外に放出する役割があるんです。

赤ちゃんの痰を上手く出すためには?

  1. 背中を叩いて上げる
    ゲップを出させる時の要領で
    赤ちゃんの背中を軽く叩いてあげましょう。
  2. こまめに水分補給をする
    水分がなくなると粘り気が強くなってしまうので、
    こまめに水分を与えてあげましょう。
    この時、温かい飲み物を与えるようにして下さい。
    冷たい飲み物は気管を収縮させてしまうので、
    かえって痰が出にくくなってしまいます。
  3. 湿度を高くして喉を潤してあげる
    乾燥するということは水分が失われるということ、
    つまり、痰の粘り気が強くなってしまう原因です。
    加湿器を付けたり洗濯物を部屋干しするなどして
    湿度を高く保つ工夫をしてあげましょう。

対策を施しても痰が出ない時は

このような対策を施しても痰が出ず、
ゼロゼロと息苦しそうにしている場合は
小児科を受診することをおすすめします。

痰をなるべく出さない・絡ませないために

image1 赤ちゃん 痰が絡んでも出せないで息苦しそう!効果的な対策は?

最も効果的なのは部屋の湿度を高く保ち、
乾燥させないようにする、ということです。

加湿器や洗濯物を干すという工夫をするだけで
高い効果が期待できるのでおすすめ。

ですが、加湿器の利用には注意。
加湿器にカビが生えていたりすると、
雑菌を部屋中にバラまくということになるので。

部屋の清潔に保つのはもちろんのことですが、
生活雑貨の定期的なメンテナンスも忘れずに。

最後に

さて、今回は赤ちゃんの痰に関する対処法や
予防対策をいくつか紹介してきましたが。

いつまでも痰が出ないで苦しそうだったら
すぐに小児科を受診するようにしましょう。

手遅れになると肺炎を発症する可能性もありますので。
子供のマイコプラズマ肺炎の症状をチェック!感染を防ぐ予防対策!

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

スポンサードリンク

【特集】育児・子育ての合間に在宅ワーク

【安心・安全な水を子供に】ウォーターサーバー特集

コメントを残す