赤ちゃん(子供) RSウイルスは予防接種で防げる?感染の予防対策


この記事は 28 で読めます。



こんにちは!
当サイト管理人のつるです^^

感染力が非常に強い病気で、
2歳になるまでの赤ちゃん(子供)は
ほぼ全員がかかる「RSウイルス感染症

1018 04 shinsatsu 赤ちゃん(子供) RSウイルスは予防接種で防げる?感染の予防対策

免疫ができにくく何度もかかったり、
初めての場合は重症化しやすい
という特徴があるのですが、
RSウイルス感染症は予防接種で
感染を防ぐことはできるのでしょうか?

今回の記事ではその詳細であったり、
感染のリスクを少しでも低くするための
対策を紹介していこうと思います。


【スポンサードリンク】

【安心安全な水を赤ちゃんに】
>>【特集】オススメウォーターサーバー

icon icon 赤ちゃん(子供) RSウイルスは予防接種で防げる?感染の予防対策

RSウイルス感染症の予防接種について

RSウイルス感染症は冬場に流行する病気であり、
予防接種を受けるのであれば
流行する前に受ける必要があります。

一般的には10月〜11月頃から
RSウイルス感染症の流行が
始まると言われているので、
予防接種を受けるのであれば
9月頃がベストといえるでしょう。

自治体や医療機関によっては
予防接種の案内が届くことがあるので、
そちらを参考にするのも一つです。

topimg1 450x336 赤ちゃん(子供) RSウイルスは予防接種で防げる?感染の予防対策

また、RSウイルス感染症の予防接種は
一度受けたら終わりではなく、
1ヶ月に1回受ける必要があります。

いつまで受け続ければいいのか?
ということが気になると思いますが、
RSウイルス感染症が流行している間となっています。

詳細は医療機関や医師に相談して、
どのようなスケジュールで受ければいいかを
確認するようにしましょう。

ちなみに、RSウイルス感染症の予防接種が
どの程度の効果を期待できるのかというと、
入院のリスクを半分程度にまで
下げてくれると言われています。

絶対に防げる!というワケではないですが、
重症化を防いでくれるというだけでも
受けておくに越したことはありません。

感染を防ぐための予防対策

こちらも100%防げるというワケではありませんが、
重症化のリスクを下げることはできます。

記事冒頭でも記述したように、
RSウイルス感染症は感染力が非常に強く、
2歳までの赤ちゃん(子供)は
ほぼ全員がかかる病気です。

特に、生まれたばかりの赤ちゃんは
重症化しやすいので注意が必要になってきます。

冬場は人混みを避けるのはもちろんですが、
部屋の湿度を保つ、手洗いうがいをするなど、
風邪の予防をするような感覚で対策をしましょう。
赤ちゃん(子供)の風邪の症状まとめ!効果的な予防対策など!

 

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

スポンサードリンク

【特集】育児・子育ての合間に在宅ワーク

【安心・安全な水を子供に】ウォーターサーバー特集

コメントを残す