食事制限で痩せるコツや3つの注意点!ポイントは体脂肪?


この記事は 350 で読めます。



こんにちは!
当サイト管理人のつるです^^

「ダイエットの方法」と聞いて真っ先に思い浮かべるのは
おそらく「食事制限」ではないでしょうか?

img1 450x210 食事制限で痩せるコツや3つの注意点!ポイントは体脂肪?

冬の間に蓄えてしまった脂肪を落としたい・・・とか、
夏に向けて今からダイエットをしなきゃ・・・など、
ダイエットに取り組むための理由は様々だと思いますが。

食事制限ダイエットをするのであれば
これから紹介していく「3つの注意点」に
気を付けて行っていく必要があります。


【スポンサードリンク】

【安心安全な水を赤ちゃんに】
>>【特集】オススメウォーターサーバー

icon icon 食事制限で痩せるコツや3つの注意点!ポイントは体脂肪?

3つの注意点

食事制限をする=食事の量を減らす
単純にこのように考えるかもしれませんが
そうではありません。

食べる量を減らすということは
それに伴い、摂取出来る栄養素も減ってしまう
ということに繋がってしまいます。

では、間違った食事制限ダイエットを行うと
どのような弊害をもたらしてしまうのでしょうか?

注意その1:体調が悪くなってしまう

僕たちの体というのは食事から摂取する栄養素によって
生命活動を維持し、体の組織を作り上げています。

間違った食事制限をして十分な栄養を摂取出来ないと、
生命活動維持に支障をきたす可能性もありますし、
日常生活に悪影響を及ぼす可能性だってあります。

タンパク質が不足すれば筋肉が作られませんし、
ビタミンが不足すれば肌荒れや老化の原因に。

さらに、カルシウムが不足すれば骨が脆くなりますし、
頭がぼーっとして考える力が低下してしまいます。

注意点その2:リバウンドの可能性が高い

上述したように、間違った食事制限をすると
十分な栄養素が摂取出来なくなってしまいます。

中でも、筋肉の構成に必要なタンパク質が不足すると、
徐々に筋肉量が低下していってしまいます。

では、筋肉量が低下するとどういう悪影響があるのかというと、
基礎代謝」が低下してしまい、
太りやすい体質になってしまいます。

基礎代謝とは何もしなくても消費される
1日の総エネルギー量のことですが、
これは筋肉量に比例して上下します。

筋肉量が多ければ基礎代謝も高く、
反対に、少なければ低くなってしまいます。

つまり、食事制限をして痩せた〜と思っても、
それは体脂肪が落ちたのではなく、
筋肉が失われただけという可能性が高いです。

ということは・・・お分かりですよね、
これにより太りやすい体質になってしまい、
リバウンドしてしまう、ということです。

注意点その3:疲れやすい体いなってしまう

僕たちは疲労を回復させるために
「睡眠」という手段を用いますよね。

その間に、食事で摂取した栄養素が
体組織回復のために使われています。

この時、回復に必要な栄養素が足りなければ
寝ても寝ても組織が回復されず、
疲れが取れない〜ということになってしまいます。

食事制限で痩せるコツ

6mFpTXLussDbCG61385272428 1385272507 450x300 食事制限で痩せるコツや3つの注意点!ポイントは体脂肪?

ダイエット=体重を落とす
この考えは半分正解で半分間違い。

例えば、あなたの体重が現在100kgあるのであれば
体重をガッツリ落とす必要がありますが、
体重を落とすことが正しいダイエットではないんです。

じゃあ・・・正しいダイエットって何?という話ですが、
ダイエット=体脂肪を減らす」という意識を持ちましょう。

例えば、同じ身長の男性2人がいたとして
1人は体重70kgで体脂肪率が30%、
もう1人は体重80kgで体脂肪率が15%だとしましょう。

体重だけで見れば後者の人の方が
太っているということになりますが。
体脂肪率に注目してみてください。

体に付いている脂肪の割合を見てみると、
前者の人の方が圧倒的に多いんですよね。

脂肪が多い=太っている
ということになりますよね?

つまり、ダイエットをするということは
体重ではなく、体脂肪を減らすということが
最大のコツになってくると言うわけです。

最後に

今回は食事制限ダイエットの3つの注意点と、
痩せるためのコツを紹介してきましたが・・・

ダイエット=体重を落とす、
ではなく、
ダイエット=体脂肪を落とす

これ、めちゃくちゃ重要な考えなので
絶対に忘れないようにしてくださいっ!

正しい食事制限をしているつもりだし、
筋トレなんかもしているのに痩せない・・・

という場合は、こちらの記事を参考にしてみましょうっ!
食事制限をしてるのに痩せない理由は?筋トレなどもしてるのに!

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

スポンサードリンク

【特集】育児・子育ての合間に在宅ワーク

【安心・安全な水を子供に】ウォーターサーバー特集

コメントを残す