食べ過ぎてお腹いっぱいで苦しい時!簡単に出来る対処法3選!


この記事は 343 で読めます。



こんにちは!
当サイト管理人のつるです^^

今回の記事では、
お腹いっぱいで苦しい時に役立つ!
簡単にできる対処法3選

という内容をお届けしていきます。

LIG bentouuma 500 thumb 750x500 3475 450x300 食べ過ぎてお腹いっぱいで苦しい時!簡単に出来る対処法3選!

あなたも経験があると思いますが、
美味しいものをついつい食べ過ぎて、
いつの間にかお腹いっぱいで苦しい!
ということ、ありませんか?

その場から動きたくないくらいに苦しい、
けど、動かないと帰れない・・・

そんな時に役立つ対処法を
今回は詳しく見ていこうと思います。


【スポンサードリンク】

【安心安全な水を赤ちゃんに】
>>【特集】オススメウォーターサーバー

icon icon 食べ過ぎてお腹いっぱいで苦しい時!簡単に出来る対処法3選!

食べ過ぎてお腹いっぱいで苦しい!

詳細を見ていく前に、
まずは僕の経験を紹介させて下さい。

つい先日、人生初の北海道に足を運び、
札幌〜すすきの周辺をぶらぶらしました。

この辺の地域って、
とにかく美味しいお店がたくさん!

【ホルモン鍋定食】
1970671 679521968805520 6325658199846618043 n 450x336 食べ過ぎてお腹いっぱいで苦しい時!簡単に出来る対処法3選!

【ジンギスカン】
10592671 679522265472157 2976984165706280519 n 450x460 食べ過ぎてお腹いっぱいで苦しい時!簡単に出来る対処法3選!

【スープカレー】
10599479 679522308805486 1642641544100040710 n 450x336 食べ過ぎてお腹いっぱいで苦しい時!簡単に出来る対処法3選!

2泊3日の旅行だったんですが、
空腹というものを1mmも感じませんでしたw

次から次へと食べ続け、
常にお腹いっぱいな状態。

そして、食べている途中に・・・
やばい、苦しい
ということになったんです。

簡単にできる対処法3選

では、ここからがいよいよ本題。
簡単にできる対処法3選を
詳しく見ていこうと思います。

その1:もも上げをする

え?運動するの?そんなのムリw
と思うかもしれませんが・・

お腹いっぱいで苦しい時に横になると、
かえって逆効果になりかねないんです。

胃の中では消化活動が行われていますが、
横になると胃酸が逆流してしまう
という可能性があるからです。

なので、お腹いっぱいの時はすぐに横にならず、
その場で立ち上がったりトイレに行くなどして、
もも上げができるスペースを確保しましょう。

そして、壁に手を付いた状態で、
ゆっくりともも上げをしてみましょう。

すぐに楽になるわけではありませんが、
もも上げをすることで胃が刺激され、
横になるよりも早く消化が進みます。

ある程度楽になってきたな〜と感じたら、
身体の右側を下にして横になって下さい。

その2:ツボ押し

身体の調子が悪い時は
ツボを刺激することも効果的。

お腹いっぱいで苦しい時には、
承満:しょうまん」という
ツボを押して深呼吸をしてみましょう。

・・・待って、ツボの場所は?w
と思いますよね。

目安となる位置がこちらになります。
>>承満の位置を確認する<<

上記画像の青い点の部分が「承満」
あまり強く押しすぎず、
深呼吸をするようにして下さいね^^

その3:食後30分経ったら軽い運動を

もも上げとちょっと似ていますが、
食後30分経ったら軽い運動を行う
というもの効果的な対処法です。

食後すぐの運動はNGですが、
ある程度苦しさが落ち着いてきたら、
ウォーキングをしてみましょう。

「腹ごなしに散歩でも〜」
という感じですね。

まとめると

お腹いっぱいで苦しい時は、
すぐに横になりたくなるもの。

ですが、そうではなく、
上記で紹介した対処法を行う方が
早く苦しさを軽減してくれます。

もも上げ→ツボ押し→ウォーキング
こんな感じで対処法を行ってから、
身体の右側を下にして寝る
というのがベストかな?と思います^^

豆知識編

食事中に意識すること

コーヒーや緑茶を飲む

コーヒーにはクロロゲン酸という
消化促進作用のある成分が入ってます。

そしてコーヒー、緑茶ともに入っている
カフェインには利尿作用がありますので、
むくみ対策になります。

ガムを噛む

ガムを噛む事で唾液の分泌が促され、
消化の促進につながります。

フルーツを食べる

りんごやパイナップルには消化を助ける成分が入ってます。

炭酸水を飲む

炭酸水を飲むと、炭酸ガスが
胃の動きを活発にしてくれて、
結果、消化を促す事になります。

キャベツを食べる

キャベツには胃の粘膜を
再生してくれる成分が入っています。

長いもを食べる

消化酵素が含まれてます。
胃の粘膜を保護する成分も入っています。

大根を食べる

脂質やタンパク質の消化を助けてくれる
消化酵素が含まれています。

生のまま食べるのがおススメ。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

スポンサードリンク

【特集】育児・子育ての合間に在宅ワーク

【安心・安全な水を子供に】ウォーターサーバー特集

コメントを残す