頭痛 原因はストレスや寝過ぎ?解消法や対策まとめ!


この記事は 454 で読めます。



こんにちは!
当サイト管理人のつるです^^

今回の記事では、
頭痛の原因はストレスや寝過ぎ?
解消法や対策まとめ!

という内容をお届けしていきます。

2ea27ec6e63f0056cb8596dcdf6ac9b2 450x336 頭痛 原因はストレスや寝過ぎ?解消法や対策まとめ!

風邪を引いた時なんかは別として、
特に具合が悪いワケでもないけど、
なぜか頭痛がする・・・
という経験はありませんか?

ということで今回は、
風邪じゃないのに頭が痛い!
その原因や対策を見ていくことにしましょう。


【スポンサードリンク】

【安心安全な水を赤ちゃんに】
>>【特集】オススメウォーターサーバー

icon icon 頭痛 原因はストレスや寝過ぎ?解消法や対策まとめ!

頭痛のタイプを確認

一言に「頭痛」と言っても、
いくつかの種類がある
ということはご存知でしょうか?

例えば、代表的なのは【片頭痛
その名称が表しているように、
左右どちらかの頭が痛むという症状ですね。

片頭痛の他に【緊張型頭痛】というものも。
こちらは頭全体が締め付けられる感覚なのですが、
特に後頭部から首筋がツラいと感じると思います。

また、この2つとはちょっと違うかもですが、
必要以上に寝過ぎると頭が痛くなる
ということもありますよね。

詳細は後述させていただくのですが、
この寝過ぎによる頭痛も
片頭痛の一種】になっています。

ということでここからは、
片頭痛、緊張型頭痛、
それぞれの原因と対策を見ていきます。

片頭痛の原因

片頭痛を引き起こす原因は、
次のように解説されています。

何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが「片頭痛」です。
脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「片頭痛」を発症します。

心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに「片頭痛」が起こりやすくなります。そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、「片頭痛」の誘因とされています。

【引用元:サワイ健康推進課】

簡単に片頭痛の原因をまとめると、
脳内の血管が拡張して神経を刺激してしまうから
ということになりますね。

解説文でも説明されていますが、
寝過ぎや寝不足でも片頭痛を引き起こします。

つまり、頭が痛いからと言って
そのままずっと寝ていると、
かえって逆効果になりかねないということですね。

片頭痛の対策

では、こんなつらい片頭痛の対策としては、
どのようなものが挙げられるのでしょうか?

【予防法】と【対処法】は
次のようになっています。

【片頭痛の予防法】

1:頭痛日と環境をチェック
どのような環境で片頭痛が起きるかを記録し、
なるべくその環境を避けるようにする。

2:週末の寝溜めは避ける
寝溜めや二度寝は、空腹と寝過ぎが重なり、
片頭痛を重くするので要注意。

3:頭痛の誘発食品を控える。
チョコレート、チーズ、ハム、ヨーグルト、
赤ワインなど片頭痛を誘発するといわれる
食品の摂り過ぎには注意

【片頭痛の対処法】

1:痛む部位を冷やす
痛む部位を冷やすことで、
拡張した血管を収縮させる。

2:静かな暗い場所で休む
頭痛の最中に体を動かすと痛みが増し、
光や騒音でも痛みはさらに増してしまう。

3:カフェインを適量摂取する
コーヒー、紅茶、日本茶に含まれるカフェインは
血管を収縮する作用があり、
痛みの早期に飲むと痛みが軽減。

【参照:サワイ健康推進課】

緊張型頭痛の原因

次は緊張型頭痛の原因と対策について。
まずは原因を見ていきましょう。

緊張型頭痛の原因は「身体的ストレス
精神的ストレス」の2種類が挙げられます。

【身体的ストレス】

無理な姿勢の維持や長時間のパソコンの使用などによって頭から肩にかけての筋肉が緊張し血流が悪くなると、乳酸などの疲労物質が筋肉にたまり、 これが神経を刺激して痛みを引き起こすと考えられています。

特に、首筋の筋肉が弱い人ほど、頭部をしっかりと支えることができずに頭痛を引き起こしやすい傾向があるようです。

【精神的ストレス】

身体的なストレスが無くとも、精神的なストレスのみが原因で頭痛を発症するケースもあります。 精神的に緊張した状態が長期間続くと、脳の痛みを調整する部位が機能不全を起こし頭痛を引き起こしてしまうのです。

このような、精神的ストレスを原因とする緊張型頭痛には、生真面目な性格や几帳面さを持った人がかかりやすいと言われています。

緊張型頭痛の対策

緊張型頭痛も【予防】と【対処法】があるのですが、
体を動かすこと、ストレスを発散することが、
一番の対策になると言えるかと。

【緊張型頭痛の予防】

1:長時間同じ姿勢をとらない
度々イスから立ってストレッチをするなど、
筋肉が凝り固まらないようにする。

2:首・肩のストレッチをする
両肩を上げ下げする、
イスに座って前屈をする、
首を左右に倒すなどのストレッチがベスト。

3:枕の高さを調節する
合わない枕を使っていると、
知らず知らずのうちに筋肉を緊張させることに。

【緊張型頭痛の対処法】

1:温めてこりをほぐす
マッサージ、蒸しタオル、半身浴などで温めて、
首、肩の筋肉のこりを取り、血行をよくしましょう。

2:気分転換をする

頭痛が始まったら、
心身にストレスを加えていることを中止し、
例えばその場所から離れるなどして、
早めに気分転換をしましょう。

【参照→サワイ健康推進課】

まとめると

【片頭痛】の場合は冷やして安静に、
【緊張型頭痛】の場合は温めて体を動かす。

同じ頭痛でもその症状によって
対策が異なるんですね。

ここを間違えないように要注意です!

 

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

スポンサードリンク

【特集】育児・子育ての合間に在宅ワーク

【安心・安全な水を子供に】ウォーターサーバー特集

コメントを残す