O-157 感染を予防!効果的な対策や消毒のススメ!


この記事は 238 で読めます。



こんにちは!
当サイト管理人のつるです^^

夏頃になると流行し始める
食中毒の一種「O-157

IP100612TAN000010000 0000 MOBJ O 157 感染を予防!効果的な対策や消毒のススメ!

学校や施設、飲食店で発生すると、
集団感染して話題になることも多いです。

激しい腹痛や頭痛に発熱と、
とにかくツライ症状が襲ってきますから、
できることであれば予防したいもの。

そこで、今回の記事では、
O-157の感染を予防するための
効果的な対策について
詳しく見ていこうと思います。


【スポンサードリンク】

【安心安全な水を赤ちゃんに】
>>【特集】オススメウォーターサーバー

icon icon O 157 感染を予防!効果的な対策や消毒のススメ!

O-157の症状は?

先ほども紹介したように、
O-157は食中毒の一種なので、
激しい腹痛や下痢・嘔吐などの症状や、
発熱を伴うこともあります。

また、体力が低い子供や年配の方が感染すると、
重症化することもあり、命の危機に関わる
こともあります。

感染してしまう原因は?

img 0101 O 157 感染を予防!効果的な対策や消毒のススメ!

O-157の元となる病原性大腸菌は、
75℃以上の熱で1分間処理することで、
死滅させることができるのですが。

感染してしまうということは、
しっかり熱処理がされていなかった
ということが主な原因になります。

生肉やユッケ、牡蠣などの食品により、
O-157を始めとする食中毒に
発生するケースが非常に多いですもんね。

先ほど紹介した症状や原因については、
こちらの記事でより詳しく解説されているので、
ぜひ、目を通して頂ければと思います。
O-157 感染経路や原因は?大人と子供の症状の違いなど!

感染予防に効果的な対策

syokutyuudoku 300x259 O 157 感染を予防!効果的な対策や消毒のススメ!

さて、ここからがいよいよ本題で、
O-157の感染を予防するための
効果的な対策について見ていきます。

まず、「食中毒予防」の原則として、
清潔」「迅速」「冷却」「加熱
というポイントがあげられます。

1.菌をつけない   《清潔》
●食器・器具類は洗浄・消毒・乾燥を十分行いましょう。
●焼き肉やバーベキューをするときは,
生肉を扱う箸と食べる箸を区別しましょう。
●石鹸や消毒液で十分に手洗いしましょう。
(帰宅時,食事前,調理前等)

2.菌を増やさない  《迅速・冷却》
●調理後は速やかに食べ,食品は10度以下で保存しましょう。

3.菌をやっつける  《加熱》
●食品は中心部まで十分(75℃で1分以上)加熱しましょう。

これらの対策をしっかり行うことが、
O-157の感染予防にも繋がるので、
忘れずに覚えましょう。

また、万が一O-157に感染した場合は、
二次感染を防ぐための対策も行います。

O-157は人から人へと感染することもあるので、
油断すると家族で集団感染してしまう
という可能性もあります。

【二次感染の予防】
●トイレの後は,手を洗いましょう。

●患者と乳幼児の混浴は控えましょう。

●風呂の水は毎日とりかえましょう。

●衣服に患者の糞便が付いたときは煮沸や薬剤で消毒し,
家族のものとは別に洗濯し,天日で十分乾かしましょう。

●手に患者の糞便が付いたときは消毒しましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

スポンサードリンク

【特集】育児・子育ての合間に在宅ワーク

【安心・安全な水を子供に】ウォーターサーバー特集

コメントを残す