熱中症を予防しよう!オススメ対策と食事レシピ!


この記事は 426 で読めます。



こんにちは!
当サイト管理人のつるです^^

どんなに健康な人でも、
水分補給などを疎かにしていると
突然なってしまう熱中症

heatstroke1 450x257 熱中症を予防しよう!オススメ対策と食事レシピ!

熱中症にはⅠ度〜Ⅲ度という
重症度が設定されているのですが、
最初は比較的軽度だったとしても、
対処を怠ると一気に重症化する
ということもあります。
熱中症 症状の重症度チェック!治療法と効果的な対策は?

今回の記事では熱中症を予防するための
オススメ対策や食事法なんかを
見ていきたいと思います。

熱中症を予防しよう

1:こまめな水分補給を心がける
当サイトでも何回か紹介しているのですが、
こまめな水分補給=喉が渇く前に
ということが本当に大事。

というのも、喉が渇いているということは
体が水分を欲している証拠。

つまり、軽い脱水症状になっているんです。

喉が渇いたけどもう少し我慢して、
キンキンに冷えたコーラを飲もう!

・・・間違ってもこのような
水分補給をしないようにして下さいね。

2:暑さに備えた体作りをしておく
夏の暑さに対応できずに
熱中症になるというケースも多いです。

夏を迎える前に少しでもいいので、
外を散歩するとか体を動かすとか、
汗をかく練習をしておくことをオススメします。

人間の体は汗をかくことで
体内の熱を放出するのですが、
上手く放出されないと
熱中症になってしまうので。

3:室内外の温度差を出来るだけ小さく
エアコンの温度を28度に設定している
という会社も多いと思いますが、
暑いからといって温度を低くし過ぎると
熱中症になるリスクも高まります。

というのも、室内外の温度差が激しいと、
人間の体がその差に上手く対応できず、
自律神経のバランスを崩してしまいます。

その結果、熱中症だけではなく、
夏バテの症状も引き起こしてしまいます。

食生活でも予防を!

食事を抜いたり偏ったりしていると、
新陳代謝が滞ってしまい、
気温の変化に対応しにくくなります。

食事が体を作る
という格言があるように、
熱中症を予防するためにも
食生活を意識するのはオススメです。

また、食事で意識したい栄養素は、
カリウムやビタミン・ミネラルなど
本当に様々です。

栄養素だけ言われても、
どんな食材に含まれているかわからない。

そんな時は以下の項目を参考にして、
どんな食材にどんな栄養素が含まれているか
確認してみて下さい^^

【オススメ食材】

  • トマト
    トマトに含まれるβカロテンには
    免疫細胞を活性化させる働きがある。
    貧血予防になる鉄、
    ナトリウムを排出するカリウムも豊富で
    バテた体調を整えるのにはとても良い食材です。
  • スイカ
    スイカには、抗酸化作用がある
    リコピンやシトルリンというアミノ酸、
    β-カロテン、ビタミンCなどが含まえれています。
  • にんじん
    ずばぬけたカロチン、
    ビタミンAの量の野菜として知られています。
    活性酸素を除去する働きがあり、
    高い抗酸化作用は夏にぜひ食べたいです!
  • モロヘイヤ
    ビタミンB2、カリウム、カルシウムの
    含有量は野菜の中でもトップクラスです!
    疲労に効果的なビタミンB2は夏に摂取したい!
    油を使ったスタミナ料理にうってつけ!
  • イワシ
    高いビタミンB2、カリウム、
    カルシウムを含有する万能な青魚です。
    体内の老化防止に加え、
    ヘルシーな食材で夏にぴったり!
  • アーモンド
    ポリフェノールよりずっと強力な
    抗酸化力を持つビタミンEを含んだ食品です。
    高い抗酸化作用は勿論、
    手軽に食べられる点も魅力的な一品です!

  • 鮭はビタミンB1、2など
    全てのB群を含んだ万能魚介類です。
    加えて発汗で不足しがちなビタミンD、
    アスタキサンチンも含有しています。
  • 豚肉
    牛肉の約10倍のビタミンB1を含み、
    多くのたんぱく質を摂取することが出来ます。
    疲労を回復したり、イライラを防いでくれたりする
    効果がある事も実証されています。
  • レモン
    疲労回復に効果的なビタミンC、
    クエン酸、ポリフェノールを多く含んでいます。
    爽やかなレモンの風味は
    食欲減退しがちな夏におすすめの果物です。
  • イチゴ
    疲労回復に効くビタミンB,Cなど
    豊富にを含有しています。
    ジャムやデザート等で夏でも摂取しやすいのがポイント!
  • 大豆
    大豆はビタミンB群・アミノ酸を
    多く含んだ疲労回復を助ける食品です。
    ビタミンCを含んだ食材と
    一緒に摂取すると更に効果的!
  • チーズ
    アミノ酸、ミネラル、ビタミンB2を
    多く含んだ発酵食品です。
    またイオン化したミネラルは
    体内に吸収されやすく、
    早期の疲労回復が図れる食材です。
  • じゃがいも
    じゃがいもは野菜の中でも
    トップクラスのカリウムを含んでいます。
    効果的なミネラル補給に加え、
    パントテン酸は疲労回復の効果もあります。
  • ひじき
    食物繊維、ビタミン、ミネラルが
    非常に豊富な海藻として知られ、
    発汗で失われやすいミネラルをカバーできます!

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

スポンサードリンク

【特集】育児・子育ての合間に在宅ワーク

【安心・安全な水を子供に】ウォーターサーバー特集

コメントを残す